【寝ている間に体の中で起こる大切なこと】

脳を休める
体力だけでなく、
人の脳は常に活発に活動していて、
沢山のエネルギーを消耗しており、
脳の疲れを取るために睡眠が必要です。

ストレス解消
ストレスは脳が疲れる。
寝たら嫌なことを忘れる時もありますよね?
睡眠を取ることで、
疲れた脳を休ませることができるため、
睡眠は効果的なストレス解消法です。

老化防止
睡眠中は成長ホルモンが分泌される
貴重な時間です。
成長ホルモンは大人にとっても重要で、
古くなったり傷ついた細胞などを直す
体組織の修復・再生の他、代謝を促し
脂肪を燃焼させる働きなどもあります。

質の良い睡眠を取ることで、
若さを維持する事、
老化の防止にも役立ちます。

病気予防
睡眠時に骨髄では白血球、赤血球、
リンパ液などが生産され、血行が促進され、
体が持つ病気や病原体への抵抗力や免疫力を
高める働きもあります。
また、
常に動き続けている心臓の負担を下げ、
心臓を休ませることもできます。

学習、記憶の定着
人の脳は睡眠中に、
その日に起こった事や、学習したことを整理し、
記憶として留めておく必要がある情報を
定着させていると考えられています。

なるべく6時間~8時間の睡眠をとるよう
心がけましょう。


~ウェルエイジング~
歳を重ねるごとに もっと美しく

—–

前の記事

秋の宝石箱