イニシエーションラブ

イニシエーションラブを観てきた。

私の住む静岡を舞台に、

そして私が独身のころの恋愛を思い出す

昭和の懐かしい、ほのぼのした描写で始まる。

あの当時は携帯電話などなく、

彼の家に電話をするのも親が出たらどうしよう

と思いながらドキドキして電話をかけたものだった。

彼と一緒にいる時も、緊張したり、はにかんだり、

本当に幼くウブで、彼に一途だった恋愛を思い出し

懐かしい車やカセットテープに黒電話、

そして昭和のBGMに気分浮かれて

いつの間にか私も映画の中の世界にいた。

私は恋愛が実った繭子の純粋さが可愛く、

楽しく交際していく二人を見ているだけで

幸せな気持ちだった。

所が、徐々に彼が離れて行く様子に、繭子が可哀想で

最後までずっと目をウルウルさせて観ていた。

しかし、ラストの展開には本当に驚き涙も止まった。

そして映画が終わった後は、

自分の過去の記憶だったかのように、

しばらくショックを引きずっていた。

前の記事

大好きなお客様と♡

次の記事

ランチデート♪